着ない着物は高価買取してもらえました~相場をしるために数軒で査定

私の着物の思い出と言うと、なんといっても成人式の時に両親に買ってもらった着物があります。その着物は、私がえらぶというよりも母親が気に入ったものをかったという、そんな感じです。私がその時、着物のことについて詳しいという場合や自分が欲しいきものがある場合は自分で選んだと思うのです。ところが、そのような希望がそのときはなかったので、私に似合うものを母親が選んでくれたのでした。

そしてそれは、成人式と結婚式でそれぞれ一回しか着ることがありませんでした。もっと着る機会はあったのですが、やっぱり自分が好きながらではないということがあったんですね。そのため、もったいないのですが2回しか着ることなくおいています。

そして私が最も思い出深いのは、初ボーナスの時に買った着物です。それは、たまたま商店街をあるいている時に、その店の中に飾ってあるひとつの着物に釘付けになったのです。そのような気持ちになったのは、はじめてでしたね。着物よりも洋服を買いたいと思って出かけていたので、そんな気持ちになったこと自体、自分でもとても不思議でした。

その着物は、ブルーでその模様がとても古風なのです。そして、私が着させてもらうと、とてもにあっていることに気づきました。その時始めて、これが欲しいと思ったのです。その価格についてば、初ボーナスよりもはるかに高く困りましたが勇気を出して買うことにしました。

すると、好きなきものというのはやっぱり度々きたくなるんですね。その後は、披露宴やその他の場所に度々着ることができて、写真も何枚も残っています。タンスにしまったままですが、その時のことを一番思い出すのはその着物です。自分が好きで買ったものは、やっぱりいいですね。色が冴えていて、そのまま捨ててしまうのはもったいないので、子供に残しておきたいと思っています。(例の振袖は高価買取してもらえました⇒着物買取神戸

子供も、その着物の色をとても気にいっています。若い人は、ブルー系が好きということがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です